カテゴリー別アーカイブ: Diary

2017.03.20

役に立たないドリフト講座

スクリーンショット 2017-03-20 15.18.48

誰がやるのか? なんの役に立つのか? さっぱりわかりませんが、大型SUVでのドリフトのやり方講座です。

高速でのドリフト方法はこのブログを参照
http://wp.me/p4oxnx-3fz

ここでは誰でも簡単に出来る低速でのドリフトです。言ってしまえばアクセルターンみたいなもんですが、今時のSUVは電子デバイスが制御して、それすらさせてくれません。

が、そこはコツと手順をつかめば、こんな感じにそこそこ様になる走りができます。

さぁ、あなたもやって見ましょう(笑)

迷惑なる場所ではやめましょうね。

スクリーンショット 2017-03-20 15.19.08

こんなドラテク果たして一体誰得なのか? やってる本人もわかりませんが、
まぁいいじゃないですか。

ちなみに、映像の文字と、音声の解説は微妙に違います。
言ってることは同じなんですけどね。

できれば音付きで聞いてください。
というのも、エンジン音が大事なんで。

というわけで是非楽しんでくださーい


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2017.03.17

Daytonaにtboxが紹介されました

IMG_4396

所ジョージさんのテイスト満開のDaytonaに紹介されました。

ちなみに、オファーはFacebook経由でやってきました。

最近はSNSでのオファーが多いですよ。

ン? なんか観たことある写真?
IMG_4397

まぁその辺のところはあまり気にせず(笑)
IMG_4398

にしても、他にもかっこいいトレーラーがいっぱい。

まじでいいですよ、

トレーラー生活。

今年は満喫しますよ!


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2017.03.09

LEXUS LXでドリフトする方法

AV1A0556_026

LEXUS AMAZING EXPERIENCEでは本番ぶっ倒れてしまい、役立たずになった話は何度もしているけれど、全く役立たずだったわけではない。

というのも、準備日には撮影タイムがあり、そのお手伝いをしていたからだ。

そこで、LXの派手なシーンをいっぱい撮ったわけ

どっかーんと飛んだり
AV1A0555_025

雪まき散らかしたり
BW9O0508

バンクを豪快に駆け回ったり
BW9O0726

色々やったわけです。

中でも一番時間をかけたのがドリフトシーン。

LXでもドリフトできるんだよ!

ただし、LXには優秀な電気デバイスが装備されているので、
普通にやったらドリフトしない。
だって車が横滑りを抑えてしまうから。
それはトラコンのスイッチをオフにしても同じこと。
完全にはオフにならないから。
ABSも効いちゃってブレーキでの荷重移動も作れないしね。

でもね、方法はあるんだ。

要は機械との化かし合いね。

そこで、今回はLXでのドリフト方法を伝授しちゃいましょう!
これはLXに限らず、最近のSUVに言える方法です。

まず、トラコンのスイッチをオフにする。
そしてリヤのデフロックを固定できるものは固定する。
センターデフもオンにする。
できないクルマは、難易度が上がりますが、まぁできなくはないです。

ここでは高速で行う(60km/h以上)ドリフトを伝授しましょう。
危ないですねぇ。真似しちゃダメだよ(笑)

ギヤはドライブのままでOK
とにかく全開で加速します
AV1A0342_011

アクセルをオフにしたと同時に、ステアリングを目一杯回します
BW9O1280

回すと言っても、持ち替えちゃダメですよ。
持ち替えない程度に回します。

ここがポイント!
ステアリングを回しても、すぐにはクルマは回頭しません!
向きが変わるまでしばらく待ちます!

で、向きが変わり始めたところで、一気にアクセルを目一杯踏みます!
BW9O1395

この時、エンジン回転数をレブに当てることがポイント!
そして徐々にステアリングをまっすぐに戻します

そうなるとゼロカウンターの完成!
BW9O1438

アクセルは踏み続けます!
BW9O1441

するとリヤがさらに回り込むので、
ここで少しだけカウンターを当てます
BW9O1407

当てすぎると減速してしまうので、
なるべくゼロカウンターを維持するように!

するとほら、
かっこいいドリフトの完成です!

ほら簡単でしょ?

でもこれで壁にぶつかったりして壊しても僕は責任を持ちませんからね!
一般公道では絶対ダメよ!

ドリフトは決まると気持ちいいよねぇ!
さぁレッツトライ!(笑)

AV1A0497_021


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2017.03.08

CRF250RALLYよりオレらの方が早かった!

_D4U0560aのコピー

現在ダカールラリー参戦中のホンダから、そのワークスマシンレプリカのバイクが市販されました。

その名もCRF250RALLY

_D4U0155a

このデザイン、反則です。
かっこよすぎます。
250でちっさいしパワーもないけど、
そんなことタァ関係ありません。
もうこのデザインだけで買いです。

今回の試乗会でもrallyっぽいウエア着て言ったら、
もうハマりすぎて、ジョークじゃなくなるくらい。
これで気分はダカールラリーです。
間違いないです。

でもね、実は僕らは、このラリーがでる、ずっと前から、ラリーコンセプトのバイクを作ってたんだよ。
それも14年も前に!

03 8 jm last run 016

それがこれ!
僕が出た時にラリーバイクのレプリカ!
今は亡き、モトショップ五郎の吉沢さんが、
凝りに凝って作ってくれたモデル!

どう? 今見てもかっこいいと思わない?

_D4U0446a

03 8 jm last run 156

ちゃんと見比べて欲しいんだけど、
クリアスクリーンの先取りなんだよ。
丸2灯の埋め込みもいい感じでしょ?

_D4U0961a

03 8 jm last run 240

もう販売してないけどね。
時代が早かったのかなぁ。
結構かっこいいと思ったんだけどなぁ。

僕がホンダで頑張ってダカール出ている時に、こういうバイクが出てたら、盛り上がり方も違ったのになぁ。
でも、こうしてメーカーが出してくれたことに感謝だね。

これはホンダの社員向けweb TVですが、ここでちょろっとインタビュー出てます
http://www.honda.co.jp/hondatv/2017/ch-motor0303_02/


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2017.03.07

LEXUS AMAZING EXPERIENCE

BW9O4520

レクサスが特別に提供するアメージングな体験。

年に数回行われるアメージングエキスペリエンス。

去年も行われましたが、今年もインストラクターとして参加しました。

このイベントは誰もが参加できるわけではなく、高い倍率の抽選をかいくぐった方のみが参加できる、

まさしくプレミアム感満載のイベントです。

今年の概要はこちら

去年の模様はこちら

と言っても、先日のブログにある通り、僕は当日参加できなかったわけですが(汗)

当日は参加された皆様とても楽しんだご様子で。

AV1A2822_127

1T3T0631_010

当然この中に僕の姿はありません。
この頃病院に搬送中でした・・・汗

BW9O4720

1T3T1031_112

プログラムはLEXUS GSF と LEXUS RCF を使ったスライド。

つまりドリフトです。

レクサスでドリフトレッスンが受けられてしまうのです!
AV1A0604_031

AV1A0624_033

AV1A0749_038

AV1A1415_066

AV1A1454_068

AV1A1682_073

木下隆之プリンシパル(プリンシパルとは校長という意味です)曰く
「レクサスに夜アメージングな体験というからには、他では体感できないことを満載にしたものにしたい。中でも、レクサスにこれでもかってほど、乗り倒せるように、もうお腹いっぱい! と思わせるようにしたい」

AV1A2571_109
右が木下プリンシパル 左が脇阪寿一選手

というコンセプトのもとで構成されているので、
そりゃもう、真っ暗になるまで乗るわけです(笑)

AV1A2504_107
LXを使ったトレックルートを楽しむプログラム
他に雪の上で走らせるかーとプログラム
そして自由一般公道を走ることができるフリープログラムがある

当日は天候が不安定で、大雪となり、そりゃもう楽しかったようです(笑)

ドライバー陣は GTドライバーを中心に、脇阪寿一選手、番場選手、井口選手、寺田選手が担当。

これだけでもう豪華です。

そして食事も豪華!

BW9O5972 (1)

BW9O4338

1T3T1130_126

さっき、真っ暗になるまでと言いましたよね?

訂正します。

真っ暗になってもやったんです!

スノーナイトドライブ!
AV1A2730_121

1T3T1106_124

どうですこのてんこ盛り感!
これぞアメージングな体験です。
BW9O6869

抽選にあたらなければ参加できないプログラムですが、
高倍率なのも頷けます。
これ、参加費だけでは到底できない内容ですから!

ここに居合わせることができなかったのは非常に残念ですが、
次回あれば、ぜひお手伝いしたいなと思わせるイベントでした。


カテゴリー: Diary

コメントを残す