月別アーカイブ: 2018-06

2018.06.18

九州の旅・ロードムービー

スクリーンショット 2018-06-18 17.30.27

約1ヶ月半に渡る九州へのtboxの旅は、ブログで展開していましたが、
その動画を簡単に集めて、これまた簡単につなげた動画を作りました。

ロードムービーと言えば聞こえはいいけどね。
ただつなぎ合わせただけの動画です(汗)

ブログ読みながら見ると面白いかもしれません。

スクリーンショット 2018-06-18 17.30.04

スクリーンショット 2018-06-18 17.30.50


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2018.06.16

うざキャン△堂々の完結!!!

スクリーンショット 2018-06-16 17.13.48

ランブレッタのスクーターで、おっさんがキャンプツーリングに行くというストーリーの堂々完結編!
完全なるパロディで送る最終回です。

それにしても、自分で作っておきながらこのクオリティには脱帽です。
誰もわからないだろうけど(笑)

ベースとなっているゆるキャン△見てなくても十分楽しめます。

だってうざいもの(笑)

うざキャン△part3

見逃している方はこちらからどうぞ!
うざキャン△part1

うざキャン△part2


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2018.06.14

MTBという乗り物

35058301_1825525514177058_399436790366208000_o

MTBという乗り物。
日本ではロードバイクの方がメジャーですが、
世界に目を向けると、圧倒的にMTBの方が人気。
アジア地区でもそう。
ヨーロッパでもそう。
アメリカは言わずもがな。

なぜか?
自由にどこでも走ることができるから。

なにせ野山を駆け回るのがMTBだから、
走れないところはほとんどない。
アスファルトだって走れちゃうのは当然。

つまり、どこを走ってもいい。

とはいえ、日本では登山道含めて、グレーなところが多い。

だったら、大手を振って走れるイベントにしよう!

長野にある白馬ならそれが出来る!

というわけで地元ライダーを中心に立ち上げたのが

「Hakuba discovery ride」

ディスカバリーとは発見という意味。
つまり、自転車に乗って色々なものを発見してもらおうというもの。

これにはいろんな意味がある。

MTBの楽しさ
白馬の楽しさ
トレイルやダートを発見する楽しさ

色々な意味を込めている。

で、だその方法をどうするか?

は毎回違っていて、

第一回は地図をみながら、設定したルートを走ってもらた。
第二回はガイドとともに、ルートを走ってもらった

そして3回目となる今回は、

「走れるところの地図を配るので、みんな好き勝手に走ってね」
35206749_1699105276810632_8602422879428018176_o

というもの。走っていいダートやトレイルを落とし込んだ地図を渡すので、
それを見ながら、自分でルートを組み立てるという方法。

つまり、ライダーが、ここ走れんのかな? 行ってみるか?
という発見の楽しさを重視したアイデアだったのだが・・・・?

さて、今回はfacebookで僕と友達になっている人だけを限定で一般公募した約30名と
地元白馬の子供達40名が加わった、計70名ものイベント。

乗り物のイベントとしてはびっくりするほど、平均年齢が低い!(笑)

35078851_1699100833477743_9186129980294168576_n

子供達もいるので、
参加賞となる熊よけの鈴は、くじ引きで割り当てら照「縁日の鈴!」

34963641_1699101340144359_5747902771722452992_n

なかなかいいでしょ?

そして、当日は台風予想を覆した快晴!!!
天気良ければ全て良し!
何しろロケーションが最高だから、晴れれば何してもオッケー。

流石にぶん投げたままではエントラントもどこを走っていいかわからないので、
3つのおすすめルートをセレクト。
一番ハードなのは、上りも下りも、距離も走りごたえ十分なもの。
一番簡単なのは、幼稚園児も走れる、散策路をつないだルート。

つまり誰でも走ることができる。

このルートも基本的には義務ではないので、途中で離脱して大丈夫。
そうルールはゆるいのだ。

その代わり、ライダーとしてのルールはしっかり守ってもらう事は厳守。

ちなみに、一番ハードな山岳自転車ルートは、押しも担ぎもあるルート。
なのに10名以上が参加!
IMG_0793

そんなに来るの?!

そして、初心者でも走れる平坦な散策路。
気持ち良さそうでしょ。

35026787_1699124183475408_3786407983781511168_n

そうそう、子供達向けにスタンプラリーも実施。
豪華賞品が当たるという事で、大人たちも参加したけど、
まぁそんなに真剣に流行らないよね・・。
と思ったら、数名の大人たちががっつり答えてた。
それもまた自由。。。

本当はみんな好き勝手に走って欲しいのだけど、
やっぱり道がわからないから、ガイドについていく人多数。

IMG_0748

中には子供たちの集団に混じったはいいが、
その子どもたちが「本気」の集団でえらい目にあった、という方々も(笑)

勝手に走れって、それじゃイベントとしてどうなの?
ともうけど、でもイベントだからってみんなが集まって走ることもないし、
自由でいいじゃん! というスタンス。
だから、おもてなしを期待する方には難しいかもしれないが、
自分で色々発見できる人には楽しいイベントになったと思う。

そして目玉はなんといっても普段乗り入れることができない、
白馬五竜スキー場からゴンドラに乗って、
隣の47スキー場に降りるロングダウンヒル!

この日のために特別にゴンドラを動かしていただきました!
IMG_0752

なんという贅沢!!!

山頂付近は霧で見えなかったけど、
降りてくればアルプスの山肌が!

IMG_0792

ここは本当に走れるだけで気持ちがいい!

もちろん、岩岳スキー場にはダウンヒルコースが常設としてあるので、
こっちも存分に楽しんだ方多数。

また日曜は、サイクルフェスタも開催されていて、
そこのエイドで飲み物と食べ物をいただくことみできました。

ちなみにここはピザ
IMG_0763

他にも蕎麦屋おにぎり、肉のBBQなどもあったとか。

最後は何かしらの連絡さえいただければ、勝手に解散するというなんともいい加減なイベントだったけど、
みんな怪我なく走り終えて、満足していただけた様子。
35026539_1699102610144232_8023344808414150656_o

皆さんありがとうざいました!

来年も開催する方向で、
もう少しエントリーの間口を広げる予定です。
是非みなさんも参加して見てください

今回のイベントで、準備も含めて使ったのがこの3台
俺どんだけ自転車持ってんだ・・・

IMG_0800

全部KONA製で、降りメインのプロセス。
登り楽チンなヘイヘイ、
オフも走れるロードバイクのROVEの3タイプ。
すっかり自転車野郎だ(笑)


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2018.06.08

白馬でMTBライド

IMG_0719

白馬に来たのは、今週末のディスカバリーライドの準備のため。
MTBで白馬のサマーシーズンを盛り上げよう!
というコンセプトで、ゆっくり焦らず育てていこうという企画。

イベントするだけなら、東京からスタッフ連れて来ればすぐできるけど、
それじゃ意味がない。
白馬のローカルライダーを中心に管理、運営ができるようになれば、
他のイベントが来ても、地元で運営位できるようになる。
そうすれば、場所だけ貸して、荒らされるだけ荒らされて
しかもお金も大して地元に落ちない、なんてことが防げると思う。

そのための下地づくりのイベント。
なかなか上手くいかないけどね。

というか、オレは白馬村民でもないのに、なんでこんなことしてるんだ????

オレには金銭的メリットはないけど、
MTBが成功しなければ、バイクも、車も、オフロード文化が日本に育たないと思うから。
バイクも車もそれぞれ勝手にやるんじゃなくて、
シンクロして色々やっていければ、世界が広がると信じての活動です。

というわけで、白馬は素晴らしい景色でお出迎え

IMG_0667

目覚めの景色がこれじゃたまりませんよ!
世界の車窓からならぬ、tboxの車窓から

IMG_0668

朝は定番となったコールマンのホットサンドと
コーヒーとサラダ。野菜ジュースも
健康に気を使っている風です(笑)

IMG_0737

さて、コース確認に行く前に、こいつを塗らなきゃ!
アフェクタスのサンプロテクト
IMG_0718

汗かいても落ちにくいので、お気に入りです

IMG_0678

下見はご覧の通りのドロップハンドルにスリックタイヤ。
アドベンチャーバイクってやつ。
MTBなのに?
なんでもいいんですよ乗り物なんて。
偉い人にはそれがわからんのですよ。

というか、コースを走るだけではなく、
村中を探索するのがこのイベントの趣旨。
だから、一般道も走るのです。
ちなみに、ここは遮断機のない踏切。

ちょうど特急のあずさが通過していきます

IMG_0735

で、その踏切を抜けるとすぐにダート。
これも一般道。この感じいいでしょ?
好きなんですよこういうの。

IMG_0680

平坦路にある田圃には、白馬小径といって自転車で回るのに適したルートがすでに設定されていて、
それもふんだんに使うつもり。ここもその一つ。
まっすぐ平らなダート道に目の前には北アルプス!

IMG_0736

もちろん、本格MTBが楽しめる「トレイル」と呼ばれる登山道もいっぱい!
このエリアは、自分で小出登ってこなければならないけど、
登り切ると極上の景色がお出迎えしてくれる。

この景色こそが白馬の魅力!

IMG_0721

ここはMTB経験者でないとこられない場所。
この自転車で降ったんだけど、かなり怖い思いをしたよ。
止まらないんだもの! でも最後まで乗って降りたけどね(自慢)

戻るとすでに夕陽。

IMG_0729

さあ今週末の天気はどうだろうか?
晴れてくれよ!


カテゴリー: Diary

コメントを残す

2018.06.07

バイク&キャンプ 2リング

IMG_0575

三重に向かったのは、西日本で人気ナンバーワンだという人気のキャンプ場。
青川峡キャンピングパークだ。

高規格キャンプ場で、入り口にはゲートがあるほど。
なんだけど、いかんせんデカイtboxは、おねいして裏から進入。
そして、本来ならキャンプ場じゃない、駐車エリアに鎮座!!!

ドドーーン
IMG_0543

どうしてここに来たかというと、
このイベントの視察のため

IMG_0562

バイク&キャンプツーリング!

自転車で旅をしながらキャンプをするという、
ツーリングスタイルを、もっと日本で確立させようと
去年から開催されているイベント

会場には旅バイクがずらり
IMG_0577

テントもずらり
IMG_0576

アウトドア用品もいっぱい

IMG_0574

もちろん自転車のブランドも
これは俺もお世話になっているMAVIC

IMG_0544

このイベントの主催者は、
一番左に写っている山下くん。
モデルでありながら、ライダーであり、ライターであり、カメラも撮りつつ、
自転車で旅をするというマルチな活動をする男!

IMG_0559

昔から知っていて、彼もがこういうイベントを開くというので、
見てみたかったんだ。
今回はちょうど帰り道で都合が良かった。

真ん中にいるのは小林蓮くんで、彼もモデルでバイクも乗るし自転車も乗る肉体派。

2人ともアクティブでイケメンというコンビ。

で、レン君はなぜか俺のことを師匠と呼ぶ。
で、師匠と二人で契りの酒を飲む・・・

IMG_2090

よくわからんが、オレの弟子らしい(笑)
まだちゃんと会うの3、4回目くらいなんだけどね(笑)

彼はケッタマンというアンドロイドと友達で、
こうしてイベントに連絡とって呼んでくる係なんだとか。
IMG_0563

ケッタマンとは交通事故と戦うスーパーヒーロー!
彼はアンドロメダ銀河惑星“No.8145”(バイセコ)の技術で誕生した、交通安全啓発ドロイドなんだよ
そのケッタマンとも初めて会えた!

他にも世界中を自転車で旅した人たちがゲストスピーカーとして参加。みんな話し慣れてるなぁ。

で、なぜかオレのトレーラーになだれ込んで宴会が始まり、
気がつけばレン君説教をされ、
朝の3時まで騒いでいるという・・・
IMG_0571

このイベント3日間もやっていて、
プレスで今で用意されている本格派。
少人数のスタッフなのに大したもんだ。
その情熱はすごいね。

というか、オレの周りはどうしてこう暑苦しい奴らばかりなんだろう。
おかげで素敵な女性が集まる場所に行ったことがないよ(笑)

IMG_0585

オレは最終日のお昼までいて、そこから移動。
そうそう、ヨツバモトブースを出してたよ

IMG_0581

電動自転車!
子供用!
倒れたらセイフティロック掛かって
アクセル吹かしても進まないんだよ。
すごいよね。

体重オーバーだけど、オレが乗っても進むんだよ。
欲しいなぁ。

というわけで、会場を後にして、
目指したのは今度は長野県である


カテゴリー: Diary

コメントを残す